FC2ブログ

試練を超えて

2020越冬ツバメウオ
コロナの影響で2ヵ月半、ダイビング自粛となってしまいました。
昨日の大瀬崎外洋一本松で、厳しい冬を乗り超え、幼魚から成魚に成長した、ツバメウオがいました。
大瀬崎で一尾だけの生き残りだそうです。
まだまだコロナの試練は続くと思いますが、ツバメウオを見習って頑張りましょう。

【只今自粛中です!】

パラオ1


新型コロナウイルスによって、緊急事態宣言がでてしまいました。
しばらくの間、ツァーは中止させて頂きます。
皆様も、ご健康にご注意ください。

やっと見つけた!

タツノオトシゴ
PHOTO BY ISHIHARA
大瀬崎前浜の砂地の中の、海藻の中にいましたタツノオトシゴ,
何年かぶりのご対面です。
誰でもよくご存じの魚(ヨウジウオ科)なんですが、見つけるとなると大変なんです。
まず小さい事(7㎝前後)、擬態が上手で海藻に紛れ込んでしまい見落としがちです。
タツノオトシゴは、メスが生んだ卵を、オスがお腹の育児嚢に入れて孵化まで守ります。
とってもとっても偉いオスなのです。

透明度は抜群なのですが・・・・。

サイパンオブジャン
サイパンのオブジャンビーチです。
透明度30m近く、真っ白な珊瑚の砂地と真っ青な海の、グラディエーションがたまらない。
サイパンで一番好きなポイントです。
海底の白い砂地に点々と、砂漠の中のオアシスの様に、珊瑚の群生があります。
その珊瑚の中に、デバスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ナンヨウハギ幼魚、
ヨスジフエダイ幼魚、等が群れて・・・・以前はいました。
残念ですが温暖化の影響で、珊瑚の群生は無くなってしまいました、魚達もどこかへ・・・・。
昔は?という表現はしたくないのですが、生きている見事な珊瑚の群生は、ミクロネシアや沖縄ではなく八丈島かも?

謹賀新年

2019DEC回鵜王公園
Photo by Kobayashi
明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。
去年は、前半は季節来遊魚のにぎわいで、後半はイルカの大騒ぎで、あっという間の1年でした。
ただ出てくる大物はイルカだけでは無く、年末の海洋公園のブリマチの根に向かう途中で、なんとメータークラスの
ウミガメが出て来ました。
こんな大きなウミガメは、八丈島でしか見たことは無いです、ノンビリと周りのテングサを食べていましたよ。
HOMEショップ紹介・地図

お店の紹介・地図ファンダイビング体験ダイビングリフレッシュダイビングスノーケルダイビングイルカスイミング
機材販売・レンタル
やまだのブログ

今月のツアー情報はこちら

ツアー情報


ダイビングに関するご相談
お問い合わせフォーム


お電話はこちら
伊勢崎店 0270-26-8826
桐生店 0277-22-2301


-ブログ管理-
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード