FC2ブログ

今度はド派手

2019先端ソメワケヤッコ
誰が見てもすぐに見分けられるド派手な色彩、頭から体半分までは黄色、後半分は鮮やかな紺、尾鰭は黄色。
何の為に、こんな目立つ色合いにしたのやら、造形の神さまにでも聞いてみたくなります。
キンチャクダイの仲間のソメワケヤッコです、キンチャクダイ科の魚は神経質な個体が多いので撮影が大変。
この子も岩の下に隠れて、なかなか出てきてくれず粘りまくっての写真です。
大瀬崎の先端には、この他にもシテンヤッコの幼魚もいるそうです。
PHOTO BY NOMURA

地味で派手?

2019初島ギンユゴイ
浅い水深で海水の動きの強い場所(とても撮影しにくい)が、お好みの魚ギンユゴイです。
夏から秋にかけて、エントリー口や岩礁の浅瀬で波が強い時に、よく見られます。
体色は地味な銀色でどこにでもいる魚という感じなのですが、尾びれが黒白ツートンで実に目立つのですよ。
海洋公園で最初に見た時に、体と尾びれがアンバランスで一度で覚えてしまいました。
昔のアメリカのレシプロ戦闘機の尾翼に、こんな模様が付いていたような?
この魚の海洋生息域は広いのですが、他のユゴイ科の仲間は汽水域や淡水域がお好みのようです。

今年の伊豆は面白い!

タテジマヤッコ♀
今年は季節来遊魚が多いのですが、私にしても伊豆では初めて見るものが多く、とても楽しみです。
写真のタテジマヤッコ♀は、大瀬崎先端で撮影しました。
お初ものは、見つけて「おっ!」という瞬間がたまらないですね~。

出た、出たぁ~!!

2019SEP初島バンドウイルカ
初島で、イルカ(バンドウイルカ)が出ていると聞いたのですが、たまたまではないのかな?
まあダメもとで行ってみますか、そんな感じの初島ツァーでした。
イルカエリアに10:00に潜る予定が、ミスがあり遅れて10:20にエントリー。
水深9m程のイルカ待機場所に着いてチョットして、いきなり2頭のバンドウイルカが目の前に、写真を撮ることも忘れて茫然自失。
それでもイルカ達は、ダイバーの間を10分程じゃれつく犬の様にグルグルと周り、お陰でなんとか撮影できました。
かなりの数のダイバーですが、遭遇率50%以下かな~、涙をのんだダイバーもかなりいました。
私もこんな目の前でイルカが見られるとは、感動しきりです。

富戸ヨコバマの2ダイブ

今年は季節来遊魚の当たり年ですが、富戸は凄いですよ昨日だけでもこれだけの季節来遊魚達です。
2019AUG富戸シマハギ
エントリースロープに、オヤビッチャと1匹だけシマハギ
2019AUG富戸
同じ場所で、ロクセンスズメダイ
2019AUG富戸ニジハギ
同じ場所で、ニジハギ、浅いので撮影が大変です。
2019AUG富戸トゲチョウチョウオ
トゲチョウチョウオ幼魚
2019AUG富戸フエヤッコダイ
フエヤッコダイ
ゴマチョウチョウオ2019AUG富戸
ゴマチョウチョウオ
フウライチョウチョウオ2019AUG富戸
フウライチョウチョウオ幼魚
ミゾレチョウチョウオ2019AUG富戸
ミゾレチョウチョウオ
ミナミハタタテダイ(幼魚)
ミナミハタタテダイ幼魚
minahakofugu.jpg
ミナミハコフグ幼魚
この他にも、ツノダシ、ハタタテダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アカヒメジ、頻繁に見るので撮影しませんでした。
HOMEショップ紹介・地図

お店の紹介・地図ファンダイビング体験ダイビングリフレッシュダイビングスノーケルダイビングイルカスイミング
機材販売・レンタル
やまだのブログ

今月のツアー情報はこちら

ツアー情報


ダイビングに関するご相談
お問い合わせフォーム


お電話はこちら
伊勢崎店 0270-26-8826
桐生店 0277-22-2301


-ブログ管理-